今日のブログは、日経ビジネスの特集記事です!

今日のブログは、日経ビジネスの特集記事です!

『日経ビジネス』(2015.06.22号)の特集は、

2015 株主騒会 ROEで社長失格になる日

株主総会ではなく、株主騒会です。騒動が起きる可能性があるからです。


2015 株主騒会 ROEで社長失格になる日(1)

「緊張の面持ちで居並ぶ経営陣に、対峙する株主。

 年に1度の株主総会シーズンがやってきた。

 今年、その光景がガラリと変わる。

 株主はROE(自己資本利益率)や配当などの還元策に

 厳しく目を光らせ、満足しなければ容赦なく「社長失格」

 の票を投じる。」

 続きは → 

ROE(自己資本利益率)が5%未満の経営トップは、株主から選任議案で

「No!」を突き付けられます。

ROEは絶対条件ではありませんが、株主は重視しています。

欧米企業と比較して、日本企業のROEはかなり低いです。

欧米企業は二桁が当たり前ですが、日本企業は5%程度が多いようです。

ですが、モノ言う海外の株主だけでなく、一般的な株主も、いつまでも

それを許してくれません。

経営者にとって、非常に厳しい時代になりました。

0コメント

  • 1000 / 1000