今日のブログは、言葉の迷宮です!

今日のブログは、言葉の迷宮です!

言葉の迷宮(168)

マキアヴェッリ語録(11)

「一軍の指揮官は、一人であるべきである。

 指揮官が複数の人間に分散しているほど、有害なこと

 はない。

 それなのに、現代(16世紀)では、国家はこれとは反対

 のことを行なっている。行政面にいたるまで、複数の人間

 にまかせるという有様だ。

 結果は、実害をともなわずにはすまない混乱である。」

 続きは → 


塩野七生さんの書かれた『ローマ人の物語』は実に面白いです。

五木寛之さんは、塩野七生さんとの対談で、

「歴史はフィクションなんだと考えたほうがいい

 というふうに考えているんです。」

と述べています。同感です。

0コメント

  • 1000 / 1000